ボラネット |パソネット泉 |災ボラ連絡会

音声訳ボランティア いずみ

10回の講座 終えました

おめでとうございます! 
   神奈川県ライトセンター(LC)
   綱島講師〈左〉と当ボランティア団体の歌川代表

 「期待できそう」・・との現会員の言葉通り、音声約ボランティア いずみの音声訳入門講座が7月14日(木)終了、素晴らしい人材が誕生しました。 5月12日の説明会から約2カ月、毎週木曜日の午前中というハードなスケジュールをこなしてきました。家庭・仕事その他個人的な事情を抱えながらの受講は、大変だったと思います。

 担当いただいた神奈川県ライトセンター(LC)の綱島英子講師の感想です。「皆さん、”音声訳”は初めての方ばかり。熱心に真剣に、素晴らしい受講態度でした。また、現会員のフォローも良 く、特にマンツーマンでの補助は、今までにない経験でした。」「アットホームな雰囲気で運営できたことが、受講生がリラックスできた大きな理由でしょうね。」

 今日は、仕上げの勉強です。  
 今日は、仕上げの勉強です。  



 受講生の声。「初めてでどうなるかと思いましたが、皆さんの応援で何とか終えられました」「娘から、母さん今から大丈夫?と何度も言われましたよ」「司会の経験はありますが、音声訳の難しさを知りました」「読み聞かせの経験は少しありますが、あらためて読みの深さに驚きました」。

 この日はLCから職員が見学に。「ふだん事務的な仕事で、ぜひ現場を・・。熱心に楽しそうな様子が参考になりました」。

   <img src="file:///C:/Users/er/AppData/Roaming/Justsystem/Homepage Builder Version 20/tmp/おめでとうございます!1.jpg" border="0" width="240" height="180">
   おめでとうございます。


 当初は20名が応募。やはり連続ということで、継続できない方もいましたが、最終日は12名。そのうち7名の方が全てを受講。区社協の米山次長より激励の言葉と修了証が手渡されました。今後は、9月の定例会(毎月第一木曜日午前)を経て、年内は活動の作業を手伝いつつ、新年から本格的にスタートの予定。折角の勉強、ぜひ活かしていただきたいものです。

 運営にご協力いただいた区社協の皆さん、ありがとうございました。

 *神奈川県ライトセンター(LC):県内の視覚障がい者を対象に、さまざまなサービスを提供する施設。今回は「視覚障がい者を援助する活動に携わるボランティアの養成」を依頼  (M/I)