ボラネット |災ボラ連絡会だんだんの樹 |

「コミュニティ だんだん」
平成29年度 事業報告会

 担当マネジャーの丹羽喜代子さん  
 担当マネジャーの丹羽喜代子さん  
 「いつまでも現役~輝く明日のために~」をモットーに平成292月に開所し、気楽に参加できる「大人の居場所」、地域のボランティアが運営する「夢カフェ」など、地域の人たちの交流する場などを設け活動している「コミュニティだんだん」は、設立2年を経過したこととから、平成29年度事業報告会を月30日(金)新橋地域ケアプラザで開いた。 

 「コミュニティだんだん」の〝目指す姿“を参加者に再確認するとともに、実施してきた活動の状況、また当期から始められた社会貢献講座、音楽療法事業、ふまねっと運動、通所型支援事業、スタンドパル等々の紹介とその状況が報告された。また月17日には開所2周年感謝祭も催した。 

   
   活動協力者の発表

 今期合計の交流人員は11,132名(前年度比+144.2%)と大幅アップした。これもボランティア(述べ1,457名)の皆さんの協力があったため、と語っていた。収支決算はまだ60万円の赤字であったが、前年比大幅減となり、今年度はプラスに転じる見込みとしていた。現在会員64名、賛助会員55名。

 夫々の活動に参加しているボランティアの人たちから、その内容と想い、そしてその状況などが語られた。その後参加者の皆さんから自己紹介と「コミュニテクだんだん」との関りなどが語られた。これからの益々の発展に向け、みんなが心を一つにして活動しよう、という気持ちが、それぞれの発表から感じられた。